本文へ移動する

メインメニューへ移動する

サブメニューへ移動する

事例紹介

UTM構築

多様化・複雑化する脅威から企業NWを防御し、管理を一元化したい。

課題

インターネットを取り巻く脅威はウィルスやワーム、スパムメールやスパイウェア、システムの脆弱性を利用した攻撃、またファイル交換ソフト等による情報流出など、多様化・複雑化しており、自社のNWが不安。

技術概要

これらの脅威に対応するため、UTM(統合脅威管理)製品をご提案し導入して頂きました。
UTM製品とはファイアウォール機能/アンチウイルス機能/不正侵入防御機能/Webコンテンツフィルタリング機能など複数のセキュリティ機能を統合的に管理する事ができる機器です。
WANとの境界線にUTM製品を2重化構成で導入し、企業NWを様々な攻撃から防御します。

技術担当者の声

これまでは、FW機器/アンチウイルス機器/VPN機器等を別々の機器を導入されており、それぞれの保守費用、運用費用など多大な経費がかかっているとの事でしたがUTMを導入することにより、ランニングコストが減少し、運用にかかる工数も大幅に削減できたとの声を頂きました。

↑ページの先頭へ