本文へ移動する

メインメニューへ移動する

サブメニューへ移動する

製品

ArrayAPVx600シリーズ

Web アプリケーションの可用性、使い勝手、パフォーマンス、セキュリティおよび
スケーラビリティを向上し、モバイル環境や、クラウド・コンピューティング、
エンタープライズ・アプリケーションの性能を飛躍的に高めます。

ベストな価格性能比の負荷分散装置 APVシリーズ

  • 業界最強SSL ⇒ SSL専用アクセラレータ搭載
  • 日本語GUI、CLIから簡単設定 ⇒ 面倒なスクリプト不要
  • 独自ビルドのArrayOS ⇒ 高い“耐脆弱性”
  • 世界5000社以上が選んだADC

APVシリーズはリリース以来、エンタープライズ(金融、製造、公共など)、サービス事業者(クラウド[IaaS/SaaS]、
データセンタ、VPSなど)、約5000社に導入されています。
日本国内でも約2000社のユーザを有しています。また既存ユーザからは80%以上の驚異的な率でリピート頂いています。

特徴

複雑なポリシーも簡単設定

パフォーマンスも維持

  • スクリプトを必要とせず、プリセットされたポリシーを呼び出すので、容易に設定できます。
  • スクリプト型に比べ、プロセス処理速度が最大10倍となり、パフォーマンスへの影響は非常に小さくなります。

複数サイト、複数WANリンクに対する負荷分散(GSLB,LLB)

Global Server LoadBalancing(GSLB)
APVがドメイン統括するDNSサーバとして機能し、クエリに対しポリシーに基づいて選んだ
IPアドレスを返答することで、同一ドメイン宛のアクセスを異なるサイトやホストに振分けることが出来ます。

Link LoadBalancing(LLB)
サーバからの返信パケットをセッションごとにポリシーに応じて振分けます。


GSLBは、ドメインに対してのアクセスをクライアントごとに振分けます。

  1. クライアントが"ローカルDNSサーバ"にドメイン「www.xxx.com」の解決問合せ(クエリ)送信。
  2. "ローカルDNSサーバ"は、このドメインをハンドルするDNSであるArray APV(SDNS機)に問合せ。
  3. Array APV(SDNS機)は、設定されているポリシーに基づいて決定したIPアドレスを"ローカルDNSサーバ"に返答する。
  4. "ローカルDNSサーバ"がこのIPアドレスをクライアントに返答する。
  5. クライアントは返答されたIPアドレスを宛先として、ドメイン「www.xxx.com」にアクセスを試みる。

APIによる外部からの制御 - "XML-RPC"と"eCloud"SOAP-API

"eCloud RESTful-API"や"XML-RPC"により、Array APVを外部から操作可能です。

  • APVのほとんどの機能設定がAPI経由で行うことができます。
  • クラウドやネットワークのサービス事業者は、サービスポータルからのユーザ入力情報に基づき自動的にAPVにユーザ定義を反映させることができます。

"OpenStack LBaaS"や"VMware vCenter Orchestrator"のドライバも提供

  • サーバのグループ化と負荷分散ポリシーをクラウド側から定義できます。

Array APV x600シリーズ 仕様・ラインナップ

モデル APV1600v5 APV2600v5 APV2600v5 TPS boost
外観
メモリ 4 G 8 G
インタフェース 4 × 1 G Copper 4~8 × 1 G Copper
0~2 × 1 G SFP Fiber
0~2 × 10 G SFP + Fiber
4~8 × 1 G Copper
2 × 1 G SFP Fiber
0~2 × 10 G SFP + Fiber
その他インタフェース DB-9 x1(コンソール)、USB(B) x2(冗長構成用)
L4スループット 3.5 Gbps 9~18 Gbps
L4接続処理性能 280,000 CPS 280,000~360,000 CPS
L7リクエスト処理性能 690,000 REQ/SEC 690,000~1,100,000 REQ/SEC
SSL TPS 2,000 2,800 5,500
ラックマウントサイズ 1 U
サイズ
幅×奥行×高さ
432×381×44 mm シングル電源モデル:432×381×44 mm
デュアル電源モデル:432×505×44 mm
本体重量 6.2 kg シングル電源モデル: 6.2 kg デュアル電源モデル: 7.8 kg
電源ユニット 1 1(オプションにより最大2)
最大消費電力 125 W 130 W
標準搭載機能AV Webwall、Clustering、FFO、多言語WebUI、tProxy、L4SLB、L7SLB、キャッシュ、
コンテンツ圧縮(ソフトウェア処理)

モデル APV3600v5 APV6600
外観
メモリ 16 G 32 G
インタフェース 4 × 1 G Copper
2 × 10 G SFP + Fiber
8~16 × 1 G Copper
4 × 1 G SFP Fiber
2~4 × 10 G SFP + Fiber
その他インタフェース DB-9 x1(コンソール)、USB(B) x2(冗長構成用)
L4スループット 37 Gbps 35 Gbps
L4接続処理性能 1,000,000 CPS 1,150,000 CPS
L7リクエスト処理性能 3,100,000 REQ/SEC 3,350,000 REQ/SEC
SSL TPS 35,000 25,000
ラックマウントサイズ 1 U 2 U
サイズ
幅×奥行×高さ
432×505×44 mm 432×572×89 mm
本体重量 8.9 kg 12.7 kg
電源ユニット 2
最大消費電力 147 W 290 W
標準搭載機能AV Webwall、Clustering、FFO、多言語WebUI、tProxy、L4SLB、L7SLB、キャッシュ、
コンテンツ圧縮(ソフトウェア処理)

モデル APV7600 APV7600 Turbo APV11600
外観
メモリ 32 G 64 G
インタフェース 0~8 × 1 G Copper
4~16 × 1 G SFP + Fiber
4~16 × 1 G SFP + Fiber
その他インタフェース DB-9 x1(コンソール)、USB(B) x2(冗長構成用)
L4スループット 80 Gbps 140 Gbps
L4接続処理性能 1,700,000 CPS 3,150,000 CPS
L7リクエスト処理性能 5,600,000 REQ/SEC 10,500,000 REQ/SEC
SSL TPS 35,000 70,000 70,000
ラックマウントサイズ 2 U
サイズ
幅×奥行×高さ
432×572×89 mm
本体重量 12.7 kg
電源ユニット 2
最大消費電力 196 W 389 W
標準搭載機能AV Webwall、Clustering、FFO、多言語WebUI、tProxy、L4SLB、L7SLB、キャッシュ、
コンテンツ圧縮(ソフトウェア処理)

↑ページの先頭へ