本文へ移動する

メインメニューへ移動する

サブメニューへ移動する

製品

Array vAPV 仮想アプライアンス

仮想アプライアンス “Array vAPV” は、この実績十分のADCテクノロジーで、クラウド/SDN環境においても、アプリケーションパフォーマンスやシステムオペレーションの向上に貢献します。


“Array vAPV” は、実装される環境を選びません。現在市場におけるデファクトスタンダードとも言われる多くのプラットフォーム上にて稼働します。また、各社のIaaSサービスにおいても認定を受けており、サービスポータルやマーケットプレイスからIaaS環境に直接インストールすることも可能です。

※2016年6月現在、IBM社SoftLayerを除く各社のサービスでは、BYOL(Bring Your Own License)方式及びSubscription形式での提供となります。 BYOLの場合、別途ライセンスをご購入頂く必要があります。


高い“耐脆弱性”

独自ビルドのArrayOSは、他社のオープンソースを組込み利用した製品と比較した場合、特に脆弱性に該当する割合が非常に少ない(約3分の1程度)という統計結果もあります。もちろん該当する脆弱性への対策も迅速に提供致します。

スクリプトは不要

設定には複雑なスクリプトは不要。プリセットされているポリシーを呼び出すため、プロセスが最適化されており、スクリプト型の他社製品と比較し、処理速度が最大で10倍と、パフォーマンスにも有利です。

日本語GUI標準装備

vAPVは、管理者のアクセス方法として、GUIとCLIのいずれも標準装備しています。GUIは日本語(他に繁体中国語と簡体中国語)での表示ができますので、高度な設定や、導入後の管理などを直感的に行うことが出来ます。CLIはネットワーク機器の標準的なコマンドで、すべての設定項目を網羅しています。差分コンフィグでの設定変更や、同一ポリシーをコピー展開する場合、あるいはコンフィグファイルのバックアップなどにも有効活用できます。

Array vAPVを利用するには、「アサインする仮想CPU数」に応じたライセンスをご購入下さい。オプションのアップグレードライセンスによって仮想CPU数を追加し性能の増強も可能なため、システムの拡張に伴う”段階的投資(Pay-as-you-grow)”も可能になります。

型番 内容
AV928841J vAPV instance license for one(1) virtual CPU.
AV928842J vAPV instance license for two(2) virtual CPUs.
AV928843J vAPV instance license for four(4) virtual CPUs.
AV928844J vAPV instance license for eight(8) virtual CPUs.
型番 内容
AU928851J vAPV License Upgrade: one virtual CPU to two(2) virtual CPUs.
AU928852J vAPV License Upgrade: one virtual CPU to four(4) virtual CPUs.
AU928853J vAPV License Upgrade: one virtual CPU to eight(8) virtual CPUs.
AU928855J vAPV License Upgrade: two virtual CPUs to four(4) virtual CPUs.
AU928856J vAPV License Upgrade: two virtual CPUs to eight(8) virtual CPUs.
AU928858J vAPV License Upgrade: four virtual CPUs to eight(8) virtual CPUs.

仮想サービス Transparent Proxy, Reverse Proxy, HTTP RequestsのHTTPS Redirection, Serviceごとのデータ圧縮,
SNI(Server Name Indication)
負荷分散方式 Least Connections, Shortest Response Time, Round Robin, Weighted Round Robin, Priority Based,
Client Network Persistence (Hash IP), Persistent/Constant Hash IP,
QoSURL/Cookie/Hostname/Network/Network + Port Range/Client Port, Insert Cookie, Rewrite Cookie, Persistent Cookie,
Persistent URL, Persistent Hostname, Hash Cookie, SNMP CPU/Mem/Custom, Hash Header, SSL Session ID,
Arbitrary Header Content Routing, SOAP Header Content Routing, Combined With sr/lc/rrLoad Balancing Methods,
Configurable First Choice for Persistent Methods, Arbitrary TCP/SSL and UDP Port Load Balancing,
FTP Server Load Balancing, DNS Server Load Balancing, ePolicyスクリプトを使用したポリシーのカスタマイズ,vLinkを使用したポリシーのネスティング, DNS Proxy
L7コンテンツ・ルーティングおよびヘルスチェック・タイプ WEB (HTTP/HTTPS), DNS, Radius, Diameter, FTP(S), IMAP(S), POP(S), SMTP, Squid Cache, SIP (UDP/TCP), RTSP, Firewall/IDS/IPS, TCP/UDPのポート番号ベース
ネットワーク IPv6 Dual Stack, IPv4/V6 NAT, Ethernet link aggregation, VRRP, Static Routing, RIP, OSPF, OSPF RHI, BGP4
セキュリティ Webwall™ (ネットワークベースファイアウォール), Advanced ACL, URL filtering, DDoSprotection
冗長化 最大32ノードのClustering, Active/StandbyおよびActive/Active構成, コンフィグレーション同期, StatefulFailover
リンク負荷分散(LLB) IP(Src/Dst)/Port/Protocolベースのポリシールーティング, NextHopへのヘルスチェック
サイト負荷分散(GSLB) (※)別途ライセンス追加にてサポート:Availability Check, DNS DDoSprotection, IP persistence
システム管理 CLI(業界標準コマンド形式), WebUI(英語/日本語/繁体中国語/簡体中国語), SSH, Syslog(TCP/UDP), SNMP(v2/v3),
RESTful-API, XML-RPC, SOAP-API, OpenStack LBaaS
アプリケーション最適化 Memory based Caching, TCP Acceleration

↑ページの先頭へ