本文へ移動する

メインメニューへ移動する

サブメニューへ移動する

製品

統合ネットワーク機器監視(NMS)

前身となったネットワーク監視システム(Slim-PB)の監視機能を踏襲しつつ、
監視機器の許容台数や、同等製品にはない便利な機能を強化しました。

特徴

多数のネットワーク機器を同時に監視することができます。

数台までの監視が限界だったSlim-PBと違い、収集と管理(AgentとManager)の構成をとることで、より多くのネットワーク機器を統合監視することを実現しました。
また、管理対象をグルーピングして状況把握することにより、運用寄りの監視方法をサポートいたします。

機器の設定ファイルを自動保存/リストアすることができます。

指定した監視機器の設定ファイルを、自動で保存します。GUIよりボタンを押しての即時実行と、保存間隔指定の自動保存が可能です。
機器の設定になれていない管理者の方でも、簡単に設定ファイルの保存/リストアが可能で、機器台数が多い場合には管理者の運用負荷を軽減できます。

機能

生存監視

  • 生存監視は、PING/SNMP/指定したTCPポートへの接続性を定期的に検証することにより、対象機器の生存監視を行うことが可能です。
  • 監視機器のステータスが変更された際に、メールによる管理者への通知を行うことが可能です。

機器設定情報表示

  • ネットワーク機器の設定情報は、通常、専用のGUIやTelnetなどで見る必要がありますが、デバイス情報では、その機器の各設定内容をGUIよりレポートとして表示することが可能です。
  • 複数ベンダーを使用したネットワーク環境において、フォーマットを統一化させることにより管理者の負担を軽減します。

トラフィック情報収集

  • SNMPを使用しネットワーク機器の通信量やポートのエラー数などを収集します。
  • 各ポートに対してしきい値を設定することにより、一定量以上のトラフィックが発生した場合、メールで通知することも可能です。

機器情報監視

  • SNMPを使用しネットワーク機器の状態を監視します。
  • 監視可能な項目はサポートされる機器によって異なりますが、ポートのリックアップ/ダウンの監視、CPU使用率、メモリ使用率、Stack可能な機器の場合、各Unitの生存状態や温度などを監視することが可能です。

Syslog管理

  • AgentがSyslogサーバとして動作しているため、機器からのSyslog、SNMP Trapを受信することができます。
  • 受信したメッセージにフィルタをかけ、メールで送信することができます。
 

構成

Slim Enterpriseシリーズ基本セット(Managerマシン+Agentマシン)に、オプションSoftware「Networkモジュール」を加えることでネットワーク監視システムを構築いたします。

接続形態によるメリット・デメリット

  監視用LANを利用し
通常経路の帯域に影響を与えない形態
既存の通常経路を利用し
管理する形態
メリット ・既存のネットワーク帯域に影響を与えない
・異常検知・通知漏れがない
・既存環境への変更がない
デメリット ・新たに監視用LANの準備が必要 ・既存のネットワーク帯域に若干トラフィックが増える
・通信経路に問題が発生すると、検知・通知ができない

↑ページの先頭へ