本文へ移動する

メインメニューへ移動する

サブメニューへ移動する

製品

電力監視(PMS)

※こちらの製品は現在販売を中止しております

日常の電力消費を視覚化し、省エネの実現と管理をサポートいたします。

電力監視システム「Plum」導入により期待できる効果

省エネ法施行への準備

エネルギー使用量の報告義務の対象範囲が、事務所単位から事業者全体(企業単位)に広がりました。また、同法には、罰則規定があるため、企業イメージに影響を及ぼしかねません。早急な対応が必要です。

Plumは、事業者全体で統合監視可能な上、エネルギー使用量の記載項目に対応し、スムーズな報告書作成をサポートします。法的リスクにも素早く対応して企業イメージを守ります。

初期コストを抑えて導入

総合ビル管理システムの導入は、大規模な工事を伴います。 導入時期に制限が生じたり、初期コストが高額になる場合があり、既存施設への導入が簡単ではありません。

Plumは、無線を利用した電力測定器を使用することにより、配線など大規模工事が不要です。既存施設への初期コストを最小限に抑えて簡単に導入できます。

電力使用量の現状把握

ひと月の電気代は知ることできても、今どのくらい電力を消費しているのかを知ることは難しいものです。
現状や効果が分からないと、省エネ活動によるコスト削減も継続的には実現できません。

Plumは、現在の電力使用量をグラフで視覚化するだけでなく、過去データとの比較表示や消費電力の傾向予測できます。また、あらかじめ定めた電力使用量を超えると警告通知します。

手間を省いた安心運用

導入後の運用・管理の工数や、システムの運用管理者の選任など、悩ましい問題をお考えではないでしょうか。

Plumは、基本的にメンテナンス不要なため、必要なときに電力消費量の確認や、レポートの作成を手軽に行えます。手間を省いた運用が実現できます。

システム構築イメージ

無線通信の距離が長い場合や、電波状況が良くない場合は、無線中継器(MeshNode)を構成に加える必要があります。
※MeshGate、MeshNode、EMNは、LEM社の「wi-LEM」製品です。

Plum for Cisco

電話で知るエネルギー消費と、電話で始める省エネ活動。
CiscoのIP電話と連携。さらにPlumの機能がより身近なものになって、省エネ意識を向上します。

リアルタイムな情報を、かんたん確認!

音声通話が主流の電話機から、CiscoのIP電話と連携した『Plum for Cisco』にすると、PCを起動することなく、IP電話の画面から電力使用量の状況が確認できます。
また、受話器を取らずに、IP電話から音声アナウンスで電力消費量増加の通知もでき、いつもと同じデスク上で、リアルタイムな情報をいつでも確認できます。

かんたん操作で、省エネ活動を促進!

IP電話機のボタンプッシュや画面タッチにより、複雑な操作がなく、電力消費量の確認から節電の操作まで、誰でもかんたんに扱えます。
身近な電話機器を利用するため、気付きやすく、素早い対応と節電意識の向上を促進します。

↑ページの先頭へ